もの盗られ妄想の具体的対応方法

物盗られ妄想

今回は「もの盗られ妄想の具体的対応方法」について投稿します。   この事例はE-bookとしてまとめたほうがわかりやすいと思い、ダウンロードして無料配布という形をとったのですが、今まで2回しかダウンロードされ…

介助されるのを嫌がる時の対応方法

介助されるのを嫌がる時の対応方法

  相手のために介助したのに拒否されると、行為を否定されたように辛いものです。どのように対応すれば良いでしょうか?   拒否されているのは自分自身の老い   「認知症のご本人が一人でやると難…

怒り出して手がつけられなくなった時の対応方法

怒り出しててがつかなくなった時

認知症の影響で、性格に変化が出ることもあります。とくに怒りっぽくなってしまう人はどう対応したら良いのでしょうか?   認知症で怒りっぽくなってしまう人の特徴の共通点があります。 ①仕事人間で趣味が少ない人 ②友…

入浴や着替えを嫌がる時の対応方法

家庭での介護において、多くの人が悩んでいるのが入浴。普通の入浴介助だけでも重労働なのに、拒否があると、とても大変です。   また、介護施設で働く介護職員も入浴拒否があり、どうやって入浴してもらうか悩んだことがあ…

「同じことを繰り返し言う」時の対応方法

同じことを繰り返し

最近のことを覚えていられない   実害は少ないように見えて、毎日続くと介護者には大きなストレスが溜まる「繰り返し」はどう受け止めれば良いでしょうか?   認知症になると最近のことを忘れてしまい、昔のこ…

「もの忘れ」に対する良い対応と悪い対応

もの忘れに対する良い対応と悪い対応

お年寄りのもの忘れの特徴は、最近のことを覚えていられないということです。はるか昔のことは結構詳しく覚えているのに、たった今起こったばかりの出来事を覚えていられません。   記憶は「記名」「保持」「再生」というメ…

「徘徊」は認知症の人にとって目的と理由がある

徘徊は認知症の人にとって目的と理由がある

見当識障害や記憶障害などの中核症状出現の影響や、ストレスや不安などが重なって、絶えず歩き回る「徘徊」が起こることがあります。徘徊という言葉を辞書で引くと「目的もなくうろつき回ること」と書いてあります。しかし、認知症の方が…

認知症の人の気持ちを理解する

認知症の気持ちを理解する

認知症の人と接するときの心構え 認知症になると「何もわからなくなる」「何も理解できなくなる」と考えている人も多いと思います。 介護従事者でさえ、「認知症だからすぐ忘れてしまう。何もわかっていないんだよ!」という言葉を聞い…

予防が大事!脳血管性認知症

脳血管性認知症

脳血管性認知症とは 脳卒中(脳梗塞、脳出血)、くも膜下出血などにより、脳血管が詰まって酸素や栄養が届かなくなることで発症します。麻痺、運動障害、言葉がうまく話せない、意欲の低下などの症状が見られます。   19…