認知症は早期発見、早期診断、早期治療が大切

ABOUTこの記事をかいた人

社会福祉士、介護支援専門員。認知症対応型通所介護で生活相談員をしており、副業で初任者研修講師をしています。福祉業界に携わり14年になります。地域の人々に正しく認知症を理解してもらう為、地域包括支援センター、高齢者見守りセンターのスタッフと協力して認知症サポーター養成講座の講師の活動も行っています。

認知症は早期発見、早期診断、早期治療が大切

認知症の早期診断、早期治療は、その後の生活を左右する非常に重要なことです

認知症はどうせ治らないから医療機関にかかっても仕方がない、という誤った考え方は改めましょう。

 

早い時期に受診することのメリット

病気が理解できる時点で受診し、少しずつ理解を深めていけば生活上の障害を軽減でき、その後のトラブルを減らすことも可能です
障害の重くなったときに援助する人(成年後見人)の準備をしておけば、認知症であっても自分が願う生き方を全うできる

 

治る病気や一時的な症状の場合もあります

認知症のような症状がでても、治る病気や一時的な症状の場合もありますが、長期間放置すると回復が不可能になります。

正常圧水頭症、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫・・・脳外科的処置で劇的によくなる場合があります。

甲状腺ホルモン異常・・・内科的治療でよくなります。

不適切な薬の使用・・・薬を止めたり薬の調整で回復します。

 

進行を遅らせることが可能な場合があります。

  • アルツハイマー病は進行をある程度遅らせることができる薬があり、早く使い始めるほど効果的だと言われています。ただし、根本的な治療薬ではありません。

 

  • 脳血管性認知症は薬やリハビリテーション、脳血管認知症の原因となる病気(脳梗塞等)の再発防止などにより、進行を止める可能性が高くなります。

 

  • また、軽度認知障害(MCI)の段階で認知機能の低下にいち早く気づき、予防対策を行うことで症状の進行を防ぐ事ができます。

 

初期は専門の医療機関の受診が不可欠です

認知症の診断は初期ほど難しく、熟練した技術と高度な検査機器を要する検査が必要となります。専門の医療機関への受診が不可欠です。

 

認知症が疑われるのであれば、まずは「もの忘れ外来」に相談するのが良いと思います。もの忘れ外来は認知症の専門医が対応してくれるので、最初に診療するのは適した診療科です。必要があれば他の診療所にもつなげてくれます。

 

受診の内容
CT、MRI、脳血液検査などの画像検査、記憶・知能などに関する心理検査に加え、認知症のような症状を引き起こす身体の病気でないことを確認する検査を行います。

 

この動画は「もの忘れ外来」でどのような検査をするのか、また、認知症の早期発見の重要性もこの動画を見れば確認できると思います。

 

 

 

血液検査で認知症のリスクがわかる「MCIスクリーニング検査」

認知症の半分をしめるアルツハイマー病は、アミロイドβという物質が徐々に脳内にたまって、神経細胞を破壊して発症します。これは誰の脳にも発生するが、本来はそれを排出したり毒性を弱めたりする仕組みが備わっています。

 

「MCIスクリーニング検査」では検査に必要な10ml程度の血液を採血し、この仕組みに関わる3つの細胞を調べ、MCIの兆候を捉えることができる検査です。

 

「MCIスクリーニング検査」は多くの新聞やテレビなどに紹介されています。

 

最近の研究では軽度認知障害(MCI)の段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防いだり、症状の進行を遅らせることができることがわかっています。

 

その ため、早く兆候を発見し、認知症を発見しないための生活習慣の改善や早期治療を徹底することが大切です。

 

経験談

デイサービスの面談時、認知症に困り果てた利用者さんのご家族様の話を聞くと「ただのもの忘れだと思って受診させなかった」と話される方が多いです。

私は早い段階で適切な治療に行うことによって、症状がゆるやかに進行している多くの利用者さんを見てきました。

 

参考文献

このページを作成するにあたり、こちらの文献を参考にしました。

より詳しい専門書にはない、読みやすさがあります。イラストも多数あり、症例に沿った説明も分かりやすいです。認知症の最初の本としておすすめです。

 


完全図解 新しい認知症ケア 医療編 (介護ライブラリー)

 

アライ レオ
病気が理解できる時点で受診し、少しずつ理解を深めていけば、生活上の障害を軽減することができ、その後のトラブルを減らすことが可能です。

 

フォロワーさんお薦めの本

朝日新聞の書評欄に載った作品です。主人公80歳のベテラン作家「幸田まり子」さんをとりまく、超高齢化社会の問題を面白く、切実に描かれています。家族問題や孤独死といったテーマもありますが、凛として前向きに生きていくまり子さんの姿を見て感動し、元気をもらうことができると思います。

 

まり子さんの生き方は、いずれ来る自分の未来に重ねて見てしまうので、続きを買わずにはいられなくなります(笑)

 

 


傘寿まり子

 




無料E-book
ゼロからわかるもの盗られ妄想の具体的対応

認知症の人と一緒に暮らしているご家族の方
介護施設で働いている介護職員の皆さん

「もの盗られ妄想」の対応に悩んでいませんか?

このE-bookでは「もの盗られ妄想」の具体的対応を私の経験した事例をもとに体系的にわかりやすく、楽しく学べるように工夫しております。

無料配布しているので興味のある方は下のボタンを押して下さい




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です